たまには宣伝もしています

宣伝も色々♪

twitterを利用することで宣伝活動を行なったりもしている人がいます。もちろん企業に所属している人であればしたことがあると思いますがそうではない一般の人が宣伝したりもします。一般人が一体何を宣伝するの、と思いますがこれは自分が商品を作っている人なら良くご存知ではないでしょうか。平たく言えばクリエーター系の人は良く行っていることでしょう。特に一般の人でも創作活動として行なえる同人活動をしている人にとっては自分の作品をフォロワーしてくれている人への宣伝にもなります。一般人の宣伝として用いる手段としてはこのtwitterという存在は非常に大きなものだといえるでしょう。一般商業作品のように広告費といったものを掛けずに自分の作品を宣伝できる、ブログや個人で持っているサイトなどで宣伝することを入れても中々拡散しないものです。というよりブログなどではこういったものを知ってもらうということも中々出来なかったりします。リアルタイムで、しかも自分の作品の関心を持ってもらっている人であればなおのことその情報を頼りに作品を入手してくれるという意識に働きかけてくれるので、twitterを使っての宣伝活動はクリエーターとして活動している一般人からすればまたとない媒体であるといえます。

宣伝が広がることで商品を購入してくれる人が増えるということは、クリエイターとしてはこの上ない喜びですからね。

つぶやいてる?

    有名イラストレーターも

    クリエイターの人が宣伝として活用しているといいましたが、この活用しているのは何も名前が知られていない人だけが使用しているわけではありません。中には既に商業誌に絵の掲載をしている人たちが同人誌としての活動を宣伝するためにも利用しています。同人活動を行なっている商業としてもプロとして認められている人が同人誌を書いて即売会で販売している、というのは珍しいことではないですからね。そういう時、企業に宣伝できるようなものでない場合には二次創作として同人誌を作成し、それについてので宣伝を行なうということもあるということです。分からない世界なんですよね、そういう意味では。

    twitterが誕生したことで一個人として活動している同人作家が、今度出す新刊の宣伝のためにtwitterを利用して多くの人にそのことを認知してもらうということが出来たことは、そういった世界で活動する人にとっては大事な情報ツールの一つである、ということになるのでしょう。

    宣伝するのはあくまで同人作品

    宣伝といっても、ここで商業で発売されている商品について宣伝するということをしている人はいないでしょう。しているということはその商品を発売している企業に勤めている人でなければそういうことはしないと思います。個人で同人作品以外の商品宣伝を行なっているものほど疑わしいものはないですからね、そんなことをしたら詐欺まがいの行動だと思われてしまいますからね。または企業からの回し者だといわれてしまうでしょう。自分が使ってみて本当に良い商品だと感じたことについては問題ないかもしれないですが、あくまでそれは本人の感想でとどめておいた方が無難と言えます。商品というものは押し売りをすれば良いということでもないですし、それに対して個人個人でどう思ったかは意見が分かれるものです。それなのに自分は使ってよかったからこれは絶対使った方が良いからと無理やりに押し付けてくるような宣伝する人、いるんですよね。ああいうことをされると一気に冷める人が多いのではないでしょうか。私は冷めます、特にこんなネット上で企業と全く関係のない人からの押し売りのような形で宣伝しているような人の言葉ほど信じられないものはないですから。確かに良いのかもしれませんが、それが良いと感じるのは本人によるものであって、他人に言われるためではないと思っております。

    つぶやきのために生きる!
    • �u�� ���e���Ńw�A�T�����ɂ܂‚�邨�Y�݂����k����������
    • ��������̍����Z��X�ł݂���������ȕ����A����ȕ����I���Ȃ��̂��T���̕�������܂��I�D�� ���������M�����ăI�X�X�����邨�Z�܂��ł��B

    宣伝はあくまで控えめに

    個人で創作したものを宣伝することに何ら問題はないですが、絶対に面白いから買ってください!なんて力強く宣伝するのも控えた方が良いです。そもそも個人で創作したものに限らず、商品に対しての好き嫌いというものは個人の好みに左右されます。価値観の押し付けであなたの好みなんか知ったことではないから、何が何でも購入しろなんていわれて買う人なんか居ません。いたら確実に騙されていると考えてしまいます。本当に素晴らしいものには必然的に消費者をひきつけるだけの素質を持っているものです、それを何の関係もない人間から宣伝されて誰が嬉しいと思うのでしょうか。だからこそ謙虚に宣伝するというのは意外と大事なことです。

    例えばとある薬を使えば花粉症が治ったので、これを使えば君も治るから絶対使った方が良い、なんてことをいわれて服用したけど効果がまったくありませんでした、なんてことがあったとしましょう。あれほど力強く宣伝したくせに、結果的にまるで効果がないってどういうことだよ、なってしまいますよ。これはある意味笑えないです、もしも熱弁してまで商品について紹介したとしてもその成果が全くないとなったら落胆の度合いも半端ないほどに下降します。そうなったらその商品に対して批判的な消費者を生み出すことにもなるので、それがもし規模がでかくなるようなことであれば後々面倒なことにもなりますから、気をつけなくてはいけないですよね。

    つぶやかずに、街へ出よ!
    • �������őf�G�ȓy�n�Ȃ�A������Ё@�D�a�Z��������񂲒�Ă��܂��I�{���� �y�n�̓y�n�͎������ɂ��C���I
    • �������T���ň�l�ŔY�܂Ȃ��ŁE�E�E �ߗו��������p�ӂ��Ă���܂��A���񂨋C�y�ɂ����|�����������I��� �V�z�C�C�������������I�I�I�I
    • ���Ã}���V�����E�ˌ��Ȃǂ��N���V�G�[���@�F�s�{ �}���V�����ɂĔ����A���t�H�[���i�C�U�j�E���m�x�[�V�����i���C�j��{���ĕt�����l���߁A���q�l�ɔ̔��v���܂��B�������p��������Ă��邨�q�l�͂��Ђ����k�������B
    • ���Ȃ��̂���]����� �s���Y�ɂ����������������B�w�Z��Ζ���ɋ߂��ƁA��ʂ̕ւ��D�ꂽ�n��A�΂������̂т̂тƂ����‹��ɂ���ƁA�킪�܂ܕ����܂��I