最後に

軽率な行動の結果

twitter上での安易な行動の結果、社会的に追い詰められてしまうことになるtwitterを愛用している人、『バカッター』という造語も出てきている通り、こうした常識の範囲から考えられてないことを行なってしまったために世間的に中傷を受けてしまっている若者が増えているのも事実だといえます。実際に今年から騒がれ始めている飲食店での備品の中に入り込んでの撮影、食品をかじる、もしくは顔に貼り付ける、自分の体に差し込む、まさ商品に対して不適切な扱いをしているといったことをした青少年達は社会からその圧倒的なまでの攻撃を受けることになる。中には学校を退学するは目になってしまい、また企業の利益を損失したとして損害賠償請求に踏み切っているという情報も出てきている。実際に告訴されたという情報はまだ出ていないがそれでも時間の問題といえるでしょう。

この件も以前話したのですが、ブロンコビリーというステーキショップで冷蔵庫に入った男子学生2名のために、当該店舗が閉店にまで追い込まれてしまったのです。たった一つ、面白いことをしようという安易な考えでこの事態、当然企業も黙っているわけもなく正式に訴訟をおこす準備を進めているという情報の中、問題行動を起こした男子学生達は世間の白い目に耐え切れず、怖くて外出もできないという状況になっているそうだ。情状酌量の余地もないでしょう、自分が撒いた災いの種を自分で開花させてしまったのですから、後始末も自分たちでしなくてはならない。

もし一番かわいそうな人は誰なのかということを定義するのであれば、そのような行動を起こした男子学生の親族だろう。とある情報によると、twitterに乗せられた画像から本人を特定、通っている学校を突き止めるというだけでなく、父親の勤務先まで突き止められるということが起こったケースもあるという。当然ながら、その父親の職場には言われようのない苦情を受ける羽目になってしまい、責任問題としてとられてもおかしくない状況になってしまいます。面白いことをしたいからといって家族全てを壊してしまうことになる、自分がした諸行のせいで家族からも疎まれる存在になってしまったということだ。誰かが悪いというわけでもなく、誰がかわいそうということを言いたいわけでもないが、こうした幼稚な考えで自分が今まで培ってきたもの、もしくは両親が守ってきたものを全てぶちこわしてしまうことになるとは予想できることもなかったでしょう。救いようがない、とも言えますが正直あきれてものも言えないというのが本音です。

つぶやいてる?
  • ���K�� �o���}�b�T�[�W �����󂯂Ē����ׂɂ�A���ɃI�C���}�b�T�[�W�̏ꍇ�́A��ɃV�����[�𗁂тĒ����������ߒv���܂��B
  • ���R�ŐV�z�w���������̕��ɘN��I�h���݂̃h���[���{�[�i�X�͂��F�l�Ȃǂ��Љ���A���Љ�җl��������̍ۂɂ�10���~�����グ��Ƃ��������T�[�r�X�ł��B���Ђ��F�l�l���Љ��������

ネットの画像は残り続ける

ニュース記事などで報道されている投稿された画像には本人を特定できないようにする目隠しなどの細工が施されているが、何も処理加工が施されていない、本人だと特定できる画像そのものはネットの中で行き続けることになっている。実際に少し調べたら、主にニュースで取り上げられた投稿問題にピックアップされた画像に移っていた、少年少女達の顔が隠されてもいないそのままの画像がネットの中で彷徨い続けているのだ。

これが何を意味しているのか、それはずっとこのような馬鹿なことをした非常識な人として、ネットで検索されると自分の顔がずっと誹謗中傷の対象になり、もしくはその画像を使って何かしらの犯罪行動を起こされてしまうといったこともあるのだ。ネットで顔を曝すということは、自らの個人情報をどうぞご自由に探して拡散してくださいといっているようなものだ。特にこうした問題行動を起こした少年達には一生とまでは行かないが、しばらくは業として背負い続けるしかないということになってしまう。まだ自分たちでいっぱしに働けるほどの知識も技術も身につけていない子達からすれば、その後の人生がどれだけ大変なことになるのか検討も付かないが、それに対して哀れといった擁護する感情を私は持とうとは思わない。むしろ自分がしたことだと、諦めるしかないだろうといしか言いようがない。人生とはそういうものだ。

ところがだ、こうした問題が社会全体で論争を繰り広げている状況で、未だに同様の行動を起こしている少年たちが後を立たない始末になっているのです。所詮は他人事だと思っての行動で、自分はばれることはないと勘違いしている少年たちが多いのかもしれませんが、実際にネット上では既に拡散しているという事実をきっと知らないのでしょう。こうした対応に今後も起業は追われることになるのかもしれません。

つぶやきのために生きる!
  • ���f�B�J���t�����g�ł͐V���̕���u�����N�̂��������S���ċƖ����J�n�ł���悤���C���x��݂��Ă���܂��B��܎t ���l �_�ސ� http://www.mfront-tenshoku.jp/�ŏA�E��_�����K���ł����
  • ���������܂�10�N�ȏ�̎������W�G�[�^�[�Ȃ�]�K���a�G�[�^�[�A�M���̕i��

必ずしも悪ではない

ここまで書いてきましたが、何も私はtwitterそのもの利用することは良くないといっているわけではないのです。twitterも使い方によっては成長に繋がるツールということになるのは当然ですが、やはり使い方を誤ってしまうということはやってはいけないことでしょう。特に何の目的意識も持っていない、ただ友達と面白おかしく話したいと考えているだけで結局のところ何がしたいわけでもない場合、非常識投稿のような問題が起きることにもなるわけです。ただ使うにしても、きちんと線引きは必要になってきます。そういうところをしっかりしておかないと自分が多額の損害を補填するようになる人生を送る羽目になってしまいます。そんなことは誰も経験したくないのは当然です、だからこそネットの使い方をきちんと理解しておかなければなりません。特にtwitterのように拡散スピードが他のSNSとは違って、圧倒的な速さで広がるということも理解しておかなければいけないでしょう。

拡散力という意味では個人作品の宣伝や、企業の宣伝という側面からすれば今後もtwitterというものを活用することで何かしらの進化が作用することにもなるかもしれない。とはいっても、まずは企業や個人の使い方云々以前に、ネットの使い方についての教育を行なう必要があると私は思っている。何より、ネットの世界と特に密接な関係となっている現代の青少年達は危険性を十分に理解していない節が高いのは言うまでもない、口だけ達者で本質は何も理解していないとは言い過ぎかも知れないが、ネットを利用することで生まれる恐怖などを再認識させるように誰かが教え込まないといけないでしょう。

便利になったからこそ、その便利の中にある影の部分を私達はきちんと理解して、その影に飲み込まれない範囲でネットを利用することが、今後の社会的なIT技術の発展にも繋がっていくのではないでしょうか。

つぶやかずに、街へ出よ!
  • ���@�ł͍��Ǝ��i��L���鎕�ȉq���m���O��I�ɂ����̃N���[�j���O���Ď��΂��菜���Ă����܂��O�� �����