企業の宣伝活動の一種

企業はどのように活用しているか

先ほどまでは主に個人の範囲でtwitterを利用しているかということをお話しましたが、ここからは商業として商品を販売しているような会社がtwitterを利用しているときに行なう方法としていくつか紹介と、考察をしていきたいと思います。

まず始めにどのようにして活用しているのかについては主に私の前職場でのtwitter活用方法を混ぜて話をしていきたいと思っています。

新商品の入荷

私が以前働いていた職場でtwitterも大いに利用していました。小売店業ということもあって毎日必ず規定のツイートをあげるようにしていました。というよりも本部から必ず毎日あげるようにとの指示も来ているので、毎日必ず店舗ごとのツイッターをチェックしているという始末です。そのため部門ごとにピックアップする商品についての紹介を必ず毎日しなくてはならないということもあって、仕事の合間に商品紹介と宣伝も兼ねたことを行なっていました。

twitterを取り入れている理由としては、店舗ごとの売上増を狙って新商品が入荷したことを多くの人に知ってもらうということで活用していました。現在でも日々行なわれていますが、繁忙期になるたびにツイッターを上げなくてはならないということが、正直な話面倒になってくるんですよね。目先の忙しさに商品のピックアップをしないとそりゃあ売上は伸びないわけではありますが、目の前に片付けなくてはならない仕事とパソコンいじってじっと立っているだけの仕事では、さすがに体力を使う方から片付けなければならないというものだ。

またtwitterで商品の紹介をするときには、商品名などの間違いがあってはいけないのであげるときも意外に神経を使ったりする。間違えた内容のものを上げたりすると販売元から苦情を受けることになりかねないためだ。商品を売るための商売を行なっている店舗ではtwitterは確かに便利な広告だが、使い方を間違えるととんでもないことになるというのも事実だ。

つぶやいてる?
  • �}���V������A�p�[�g�͑����̉Ƒ�����������W���Z��ł�����A������ł��낢��ȃg���u�����������܂��B���� ����������Z�񂾂Ƃ��̃C���[�W���������莝�Ă�n���T�����B

お客様へのお知らせ

何かあってからでは遅いとよく言いますが、不測の事態なんていつ起こるかわからないから不測というものです。お客様関連で問題が起きた場合にはきちんとした対処をすることが肝心となっています、当然ですがお客様の中にはそういったことで心底怒りに震えるような人もいるわけですから、対応を誤ってしまうともっとややこしいことになります。

ところがです、このトラブルを実はお客様が知らなくて後から調べたら実はこんなことがありました、というような事後調べて発覚するということもあるのです。そんなときにはお客様に連絡することが出来れば良いのですが、不特定多数の場合そうも行かないのです。そういう時にtwitterを活用するわけです。どのようにして利用するのかというと、『いつからこんなことがありましたため、その期間中に商品を購入した方はレシートとお持ちくだされば対応します』といった内容を公開して対応しようというものなのだ。とはいっても実際にそのツイートを見ても事後で、明らかに店側に非があるくせにこの態度は何だ、と思う人がいてもおかしくない。そうなった場合、そのお客さんが二度とその店舗に来店しようとは思わず、また企業に対してよからぬことを言いふらすような人になりかねないということだ。

ただこうした実体験を元にしたクチコミはそれだけ説得力を持っているので、このような事態になったらそれだけ本来得られるはずの利益というものが得られないということもあるのです。そもそも問題なんて起こしてしまうほうが悪いわけですが、中々ミスを完璧になくすということはできないもので、在籍しているときも様々な問題が起こっては店内がどたばたと騒がしくなっていたりもしました。

つぶやきのために生きる!
  • �A�i�^�̊�]�͂����ɂ��邩��I�_�� �e�i���g�̃I�X�X����������񂲌������������I�s�s���ɂ�����Z���`�ԂƂ��ďd�݂��u�}���V�����v�ł��B
  • �������捸��s���Ă܂��I�I������� �������C�y�ɁI

告知も

お知らせという意味では、商品在庫がどのようになっているのかということや開店時間についての連絡なんかもtwitterで知らせるようなことも行なっています。開店時間については平日と土日祝日の開店時間が異なっている場合には何気に必要だったりします。時間を把握していないという人もいるので、それを連絡するために開店直後のtwitterではこういった連絡は一番初めに行なわれています。閉店時間の際にはその時間中々忙しいということもあってあまりツイートしていなかったですね、良く考えたらしても問題なかったのではと今になって思いますが。

商品の告知というものは、完売確実となる商品が入荷したときには必要な情報でしょう。完売したという情報が出されていないのに、お店に行ったら既に完売していたということもあります。情報を流す前に来たらそれはもうタイミングが悪かったということですが、完売してから時間を置いてしまうとまだ在庫があると勘違いしてわざわざ店舗まで買いに来るということも十分に考えられます。そういったことを防止するためにもこういったtwitterの存在は欠かせないということになるわけです。良く考えると大いに活用していたんだなぁと退社してから感じますね。

つぶやかずに、街へ出よ!
  • �\��ɂ��� ���\�� ���e�� �ł́A�v���C�x�[�g�ȋ�ԂŃX�e�L�ȃw�A�X�^�C����R�[�f�B�l�[�g�v���܂��B
  • ���ÏZ��A�}���V�����A�y�n���̔�������ђ���̂��ƂȂ��H�c �s���Y�N���X�g�V�e�B�z�[���܂ł��C�y�ɂ����k���������B���Ɨp�E�����p�̕����⃊�]�[�g�����̏���������܂��I
  • �����w�Ń}�b�T�[�W��󂯂�Ȃ炨��ĂȂ����䂤���I�m���ȋZ�p������20�`30��̐�����������{�l�Z���s�X�g���{�p�Ɏf���܂��B�S�������I�[���n���h�̃����N�[�[�V���������\���������B
  • �V�z�E�y�b�g�����^�E���O�����E����s�v�����E�ۏؐl�s�v�����I �P�g�҂���t�@�~���[�܂ł����邨�q�l�̗l�X�Ȃ���]�ɑΉ����Ă���܂��B���� �x�R