拡散します

目的にすることもある

twitterをして情報を共有したいとして、その投稿された内容を色々な人に広げるために『拡散』という行動を起こしている人もいます。実際にtwitterアカウントの中にはこうした拡散を目的にしているアカウントも実際に存在しているので、twitterだけではなくSNS全体における特異な情報伝達手段といえるでしょう。拡散の目的としては、やはりその情報を他の人にも共有してもらいたい、つまりは共感ということに少なからず繋がっているということです。自分にとってこれは一番大事なことだからぜひとも他の人のも知ってもらいたい、先ほどの宣伝と内容が被りますがただの押し売りでしかないですよね。誰もそんな情報を欲していない場合にははた迷惑でしかないこと間違いないのですが、拡散している本人からすれば善意でやっている場合は非常に厄介です。これが悪意で行なっているのであれば分からなくもないですが、もし他意なく行っている行動だとしたら始末に終えないでしょう。それはそうです、悪意がないということは拡散している本人からすれば良いことをしているという勘違いを生み出してしまうっているのですから、共感とはまた違って善行を働いていると思い込んでいるんですから断りを入れるのも難しいですね。

この例はtwitter以前の社会において、高齢者による勧めみたいなものが多かったのではと思っています。こういう老人方は自分は今までこうして生きてきているんだから人生経験豊富で、しかも何が良いのかって言うことも把握しているから黙って従ってれば良い、と思っている人がいます。こういう人は良い迷惑ですよね、どうして自分基準で物事を考えて自分のしていることは間違っていないと思えるのか、その思考回路の仕組みを研究してみたいものです。不遜なまでの自信があることは構わないと思いますが、価値観の押し付けはただの迷惑行動に他ならないです。おまけにその意見に対して反抗しようものなら、何故か勝手に進められた自分が悪者に仕立てられているとちょっと面倒くさいことに巻き込まれた人もいると思います。こうなったらもう徹底的に戦わないといけないですよね、自分が間違っていないということを証明しないとドンドン立場が不利になっていきますから、後は忍耐勝負ということになります。

つぶやいてる?
  • ���[���h�E����������A�ł��邱�ƁB�n��ɍ��������������Ă��邩�炱���ł���T�|�[�g������܂��B���� ���Ã}���V�����T���͂��܂������������B

情報は大半が贋物

さて、少し話がずれましたがネット内におけるtwitterも含めた拡散による情報ですが、こちらをまだ何も知らない純情溢れる心を持っている人だったときには、疑いようもなく信じたことがあるという人も多いではないでしょうか。今でこそ、こうした拡散情報に関しての情報を容易に確認することができるものの、大半はこういった情報が贋物だということがあるのです。そんなことはないと思っても、実際は何の検証も、実験もない情報で信憑性の欠片も存在していないということもあるからです。おまけにその情報を本気で信じて拡散してしまう人も入れば、贋物だと言うことを把握しているにも関わらずに情報を広めているということもあるので、なおのこと質が悪いということです。

どうして偽の情報を拡散することを希望している人がいるのかというのは、自分が流した偽の情報で翻弄されているのを楽しんでいるというのが一番大きな理由ではないでしょうか。調和と秩序をかき乱すというのは実は簡単なことです。それこそ情報が贋物でも自分の言葉や文章でうまく誘導して、聞いている人の心を揺さぶるといったことをしている人がいるためこうしたデマ拡散は終わることなく現在でも界隈で交わされていたりします。とは言っても、現在は情報の正誤が正しいのかどうかを調べる技術と道具もあるので、若者世代では今では中々うまく情報にうまく騙されるという人は少なく、むしろ自分から騙しにいっている人が多いと考えられます。

拡散の中にはこれまた非常識行動も

デマ情報を拡散するのであればそれに本当され内容に知識と、調べる力を身につけていれば中々騙されることもないでしょうが、拡散の中にはこれまた非常識な行動に出ている頭のねじが飛んでいる人も居るわけです。これはこの記事を書いている時に見つけたやはり信じられない行動なのですが、落とした携帯電話の画像をtwitterにて画像投稿して、持ち主が誰なのかということを特定してもらう働きをしていたのです。しかも最悪なことに、その画像を投稿するときに待受画面に映し出されている持ち主と思われる少女の画像をそのまま公開するようにして、持ち主を探すために行なっていたのです。

寒気が走りますね、自分の携帯の、しかも画像が思い切り映っているものが他人によって曝されていると考えたら溜まったものではないでしょう。これを善意でやったのか悪意でやったのかわかりませんが、この画像を投稿されたことを知った持ち主は間違っても落としてしまったことに対して後悔することになるでしょう。まさかこのようなことになっているなんてと、後の祭りといわんばかりの結末が待っているかもしれないのです。自らが画像を投稿しているのならまだしも、全く見ず知らずの他人が本人を見つけるためにこうした行動に出ること事態おせっかいを超えた迷惑行動であるとしか言い様がないでしょう。

携帯電話は既に警察に届けているというのに、届ける前に携帯電話を撮影してtwitterで悪意があっての拡散をした、と取られても仕方のないことでしょう。自分が見つけたことで持ち主に感謝されたいと考えての行動、もしくは本当にただの善意で行っただけかもしれないですが度を越えた越権行為だと言い様がないでしょう。拡散されてしまえばそれだけ情報が出回り、全く関係のない人が被害を被る事になってしまうこともあるということだ。ネット内のモラルというものの低下が著しいといわざるを得ないとしか言えません。

つぶやきのために生きる!

    拡散された情報は基本的に信じない

    拡散されてきた情報は基本的に信じない、これが本当は正しい判断なのです。でも人は自分の好奇心を触発するような内容であればあるほどその感情に逆らうことができなくなります。そしてその情報の真偽を確かめないまま情報をさらに拡大させるように流してしまうと、結果的に流した片棒を担がされることになるので、下手をすれば誤情報を流したことで訴えられてしまうということも十分にありえるのです。一個人としてもそうですが、もし企業や著名人をターゲットにしている内容であればそれだけ社会的損失は大きいものになります。特に企業によっては存続そのものを揺るがすようなことにもなりかねないので、例え情報を発信した張本人でなくても流し役として同罪とみなされて、法の裁きを受けなくてはならないということもあります。

    この拡散行動はネットの中では非常にありふれたものとなっていますが、関わらない方が一番身のためだということです。個人の創作に関する宣伝を兼ねた拡散であればまた話が異なってくるので、真実身が掛けている情報についてはきちんと調べるようにするということを心がけなくてはいけないでしょう。

    つぶやかずに、街へ出よ!
    • �����w�Ń}�b�T�[�W��󂯂�Ȃ炨��ĂȂ����䂤���I�m���ȋZ�p������20�`30��̐�����������{�l�Z���s�X�g���{�p�Ɏf���܂��B�S�������I�[���n���h�̃����N�[�[�V���������\���������B
    • �u�� ���e���Ńw�A�T�����ɂ܂‚�邨�Y�݂����k����������
    • �������őf�G�ȓy�n�Ȃ�A������Ё@�D�a�Z��������񂲒�Ă��܂��I�{���� �y�n�̓y�n�͎������ɂ��C���I