実はあまり生かされていない?

よく分かっていないまま使用している?

twitterというものが生まれてから企業そのものが参戦するようにもなったが、そのツール自体をどうして使うことになったのかということをご存知ですか?調べてみると、こういったSNSを使い始めたきっかけというものは最近世間で騒がれているから、もしくは宣伝費などを掛けずに利用することができる、また究極的な始める理由としてなんとなく、ということから始めるというのだ。中学生か、中学生的なノリで始めるという安易にもほどがあるだろうという、こんなノリでtwitterをはじめてもどういう風に使っていくべきなのかということを具体的に指針した目安とはならないでしょうね。そもそもこのような周りがやっているから自分も、的な自発という言葉とは無縁の姿勢で始めている企業も実際に存在しているというのですから、驚きますよね。ただ単に始めてみればお客さんが付く可能性もあるということでもないでしょう。確かに小売店であれば商品入荷という先にも説明したやり方で集客を呼び込むことも出来るでしょう、しかしそういう系統ではないましてや工場で今こんなものを作っていますといった内容のツイートを見ても何が楽しいというのでしょうか?興味がある人であれば関心を引く内容なのかもしれませんが、そんな裏方の製造工程についてのツイートを見ても何が楽しいっていうんでしょうかということになります。

twitterを利用するにしても、利用することでどのようなことをなしえたいのかという構想が練れていないと見られる見解も出ているほど、twitterが登場した当初はその使い方に対して疑問を投げかける言葉も多かったようです。

マーケティングとの視点からみたtwitter

企業がtwitterを始めるきっかけとして宣伝費を掛けなくても良いからという理由があるといいますが、専門家からすればこの考え方は間違っていると述べている。なぜかというと、先ほど簡単に申し上げましたとおり、新商品の宣伝に利用することは一向に構わないということの反面、その先にどうしたいのかということが掛けている企業があまりにも多すぎるということも語っています。具体的なビジョンの建て方としては、そのtwitterを利用することで企業としてどのように進化して、これからも顧客のニーズに答えていくべきなのか、というマーケティング的な側面から考えてtwitterを利用しなければな、せっかくの利用する意義がないという事になってしまうということだ。

2013年現代ともなれば、それぞれの企業はtwitterに対して企業としてどのように利用していくべきなのかという構想を練れていることだろうが、それでも未だに使い方を良く理解していないところがあるかもしれない。このことは良く考えてみると、素人でも一理あるといえるかもしれない。私は経営学に対して知識こそないためえらそうなことは言えないが、それでも目的もないままただ闇雲の宣伝してもその先にもないという意見に関しては納得がいくというものです。企業がただ一方的に商品を発売して、消費者のニーズに答えていないようなものを送り出してもヒットするような時代ではありません。少し前まではそのようなことをしなくても企業が発売すれば売れるという単純な構造だったのかもしれませんが、現在ではそういった計算式から外れてキチンと需要に見合ったものを展開していかなければ企業としての存続も危うくなってしまう。買い手があってこその売り手が存在するという答えから逸脱しては結局企業には未来がないという事になってしまうということだ。

つぶやいてる?

    興味関心を引く内容

    twitterを利用することで最も宣伝活動になるといわれているのが、そこに投稿されている内容についてだ。当然ですが、面白いものを人は好みやすいといえます、自分にとってまるで関心も引かないような内容を好き好んで読むような人もいないでしょう。企業はtwitterでの投稿に関しての文章というものについて、どれだけ閲覧している人の関心を引くことができるのかということを意識し続けなければいけないということだ。

    そこで重要になってくるのが『拡散』ということだ、ここで言う拡散というのは私たち消費者にとって有益な情報が提示されているということを良心から拡散してくれるという人がいれば、それだけ企業としての宣伝も十分な効果も発揮することになります。twitterには『共有』という機能も存在していますが、商品の宣伝ということになると共有されるより、拡散されたほうがより大きな利益を見込める可能性が増えるということなのです。

    簡単に言えば『共有』は狭義の世界で広がり、『拡散』は広域の世界で伝達するようになるということです。どちらが企業にとって一番有益なのかはもうお分かりですよね、それだったら閉鎖的な世界で広げられるよりかは、開放的な世界で情報が発信された方が断然良いわけです。この辺の尺度の推し量り方もきちんと理解してtwitterを活用していけば、確実に企業として成長することは出来るとしている。

    つぶやきのために生きる!
    • �A���e�B���b�g�ƃh���[���𑫂��ăA���e�B���B�u���ɂ̖��v�ǂ���������Ȃ��ł����B���� ���s�A���e�B���̎Ј��͊F���ɂ̖����߂Ă���΂��Ă���܂��B�ǂ�����X�ɖ������ς��̕����T������`�������Ă��������I
    • ���Ђ����Ȃ���T�|�[�g���܂��I�ݔ����[�������Z��������񂲗p�ӁIhttp://www.nisshinfudousan.co.jp/�̂������T���͓��ЂŁI

    消費者からのツイートは怠ってはいけない

    企業のtwitterに投稿される消費者の意見についてですが、これについても真摯に対応しなければならないと専門家は話しています。きちんと話をして、しっかり答えを出しているか、ちゃんと礼を申しているか、平たく言えば社会人としても当然の行動を行えるかどうかで、また見方も変わってくるでしょう。ここでもし横暴で一方的な態度を見せるようなことになればそれだけ企業とすれば不利な立場に追いやられてしまうというものです。それはそれで大変困るというものでしょう。そんなことをする社員のせいで企業全体がそういった会社であるとみなされてしまうわけですから、不利益そのものに他ならないということだ。

    ネットの世界で顔が見えないということもあって、人間とはそういう場になると過激になる人が多いものです。そういうときこそきちんとした対応ができるかどうかで、全ての運命が決するといってもゴンではないということになります。

    つぶやかずに、街へ出よ!
    • �\��ɂ��� ���\�� ���e�� �ł́A�v���C�x�[�g�ȋ�ԂŃX�e�L�ȃw�A�X�^�C����R�[�f�B�l�[�g�v���܂��B
    • �L�x�Ȍ������Ŗ��Ύs��̕����T����T�|�[�g�B���ݏZ����͂��܂������������I���݁i���΁j����]�̓S���H����w������T������A����ɊԎ��E�����Ȃǂ̏��ōi�荞��ŒT���Ă����܂��B
    • ���ÏZ��A�}���V�����A�y�n���̔�������ђ���̂��ƂȂ��H�c �s���Y�N���X�g�V�e�B�z�[���܂ł��C�y�ɂ����k���������B���Ɨp�E�����p�̕����⃊�]�[�g�����̏���������܂��I